自社製品

PRODUCT

Interconnection Inverter Module

系統連系インバータモジュール

HVDCバス連係分散電源の系統連系インバータです。スマートパワーマネージャの制御によりシステムが保持しているエネルギーの状態やAC負荷の状態を監視し、自律的に双方向に動作します。
 
 
SPM-AAD50400BN
50kW 系統連系インバータ
■主な仕様
形式 SPM-AAD50400BN
最大出力電力容量(kW) 50(マスタ+スレーブ)
変換効率 充電/放電/自立(%) 91/91/91
定格電圧・電流(AC系統側) 三相3線380V(50/60Hz)66A
定格電圧・電流(HVDC側) DC380V /132A
絶縁耐圧 2kV 60sec
絶縁方式 高周波絶縁
外形(W×D×H)mm ※ 430×800×527 (12U)
重量 (kg) 130×2

※EIA規格19インチラック搭載可
※マスター/スレーブ構成

SPM-AAD13200BN
13kW 系統連系インバータ
■主な仕様
形式 SPM-AAD13200BN
最大出力電力容量(kW) 13
変換効率 充電/放電/自立(%) 92/92/92
定格電圧・電流(AC系統側) 三相3線202V(50/60Hz)38.0A
定格電圧・電流(HVDC側) DC380V /26.4A
絶縁耐圧 1.5kV 60sec
絶縁方式 高周波絶縁
外形(W×D×H)mm ※ 430×641×305 (7U)
重量 (kg) 60

※EIA規格19インチラック搭載可

SPM-AAD14200BH
14kW 系統連系インバータ
■主な仕様
形式 SPM-AAD14200BH
最大出力電力容量(kW) 14
変換効率 充電/放電/自立(%) 92/92/92
定格電圧・電流(AC系統側) 単相2線AC202V(50/60Hz)70A
定格電圧・電流(HVDC側) DC380V /40A
絶縁耐圧 1.5kVA 60sec
絶縁方式 高周波絶縁
外形(W×D×H)mm ※ 430×800×305 (7U)
重量 (kg) 80

※EIA規格19インチラック搭載可

SPM-AAD5200BH
5kW 系統連系インバータ
■主な仕様
形式 SPM-AAD5200BH
最大出力電力容量(kW)
変換効率 充電/放電/自立(%) 93/93/93
定格電圧・電流(AC系統側) 単相2線AC202V(50/60Hz)50A
定格電圧・電流(HVDC側) DC380V /13.2A
絶縁耐圧 1.5kV60sec
絶縁方式 非絶縁
外形(W×D×H)mm ※ 430×620×129.5 (3U)
重量 (kg) 19

※EIA規格19インチラック搭載可

■共通仕様

製品共通仕様
パワー回路 PWM方式、双方向
単独防止保護機能【受動】 電圧位相跳躍検出方式
        【能動】 ステップ注入付周波数フィードバック方式
制御電源 系統、または、HVDCから供給
通信インターフェース CAN V2.0B
アラーム機能 温度異常/過電流/過電圧/周波数範囲/保護・その他
使用温度/湿度 0℃~45℃/25% ~85%(腐食ガス、結露無きこと)

■選べる出力電力量

ラインア ッ プに50kW、14kW、13kW、5kWを揃えています。50kWインバータはマスタ+スレーブ構成ですのでマスタのみ使用で25kWインバータとして使用することができます。

■動作モード設定で運転操作

スマートパワーマネージャで受電制御設定や運転モード変更でインバータモード、潮流/逆潮流設定ができ、ピークシフト/ピークカット等の負荷アシスト制御が容易にできます。

■インバータモードで自立運転が可能

系統電力がなくてもシステム内のHVDCが動作電圧に維持されている場合、インバータモードで動作させ電力を出力することができます。

■入出力AC電圧と位相

50kW機器の入出力定格電圧はAC380V、その他の機器はAC200Vになります。また、50kW、13kW機器は三相3線式、14kW、5kW機器は単相2線式になります。

■安全な系統接続

系統連系ガイドラインに沿った多数台連系における単独運転防止の保護機能※1や運転継続性能の要件(FRT※2)に対応していますので安全に系統に接続できます。

■並列動作で電力量拡張

インバータ複数台4台(予定)までをマスタ/スレーブの関係で並列同期動作させることにより容量の拡張が容易にできます。また、マスタに対する1台のモジュールとして制御することができます。(Fig.1)

(Fig.1)

※1単独運転防止の保護機能とは

分散電源システムが系統に接続されている場合、系統停電時にシステムが単独運転で系統側に電力を出力している可能性があります。系統保全の為に単独運転を防止する保護機能です。

※2FRT(Fault Ride Through)

分散電源が電力系統に広域・大量に連携した場合、一斉解列時の系統の電力品質を保持するための要件です。

  • 受託設計
  • smart power solution
  • クラウド型CTシステムでFAXサーバー等のシステム構築 CT Net/work BOX
  • IVR(自動音声応答システム)とは
  • 緊急時には電話を使用して呼び出しを行ないたい クラウド対応電話通報デバイスTP2000
  • データセンター、マシンルームのセキュリティ対策・現状監視にRACK MONITORING SYSTEM
  • Zabbixによるセンサー機器監視
  • TOKYO ELECTRON DEVICE
ページの先頭へ戻る