製品体制

PRODUCTION SYSTEM

生産体制

外部工場へ生産委託するファブレスメーカー、生産専門のファウンドリメーカーが持つそれぞれの特徴を活かすとともに、自社工場を持つことで、開発設計から調達、生産までの"ものづくり"の一貫体制を構築 。

設計技術と製造技術・生産技術との速くて確実な情報連係・技術連係が行われます。

生産体制
生産体制1
部門間連係(部門間会議)により情報交換や技術の伝達をスピーディーに確実なものとします。
生産体制2
製造実績に基づいた製造情報(データ)を設計へ反映させます。
生産体制3
製造上の各工程を考慮した設計(製品化)を実現します。

製造技術

製品化のステップとして設計情報に製造上必要な情報が付加されます。

試作品の生産には、設計技術者、製造技術者、生産責任者、品質責任者による打ち合わせが繰り返され、安定した品質を維持します。

技能の向上

生産に携わる人材も高度な技能を要求しています。
生産上必要な知識に加え、技術的、技能的なことを向上させることにより、時代が要求する新しい製品の生産(製造)を実現します。

定期的な社内研修と公的機関の技術研修を受講することにより、個々の技術を向上させる制度があります。

技能の見える化

生産に携わる個々の技能・技術が見えるようにスキルを公開することで、生産上関わる人材を明確にしています。

これは単に見せるものではなく、個々のスキルアップへの目標となります。

製造設備

東京エレクトロン デバイス長崎製造設備

エレクトロニクス技術の発展は、製造工程におけるパフォーマンスの要である製造設備、検査設備の向上をも要求します。

製造技術と設計技術との連係ですぐれた製品群を生み出します。

品質への取り組み

お客様へ安心と信頼を提供するために製品の開発・設計から生産までの全てのシーンで品質マネジメントシステムをベースに継続的な品質活動を展開しています。

ISO14001:2015 認証取得
1.認証取得日
ISO14001:2004 2006年4月12日
ISO14001:2015 2017年2月17日
2.適用規格
ISO14001:2015(JIS Q14001:2015)
3.認証取得事業所
本社・工場(長崎県諌早市)
情報機器営業部(神奈川県横浜市)
4.審査登録機関
インターテック・サーティフィケーション株式会社
5.審査認定機関
UKAS(英国)
ISO

品質方針

東京エレクトロン デバイス長崎は、先進の設計技術と様々な分野における 産業機器用ボードで培った組み込み技術をベースに「製品企画から開発・設計、部材調達、試作、製造まで」顧客第一主義をモットーにお客様の要求のどのフェーズからでもお手伝いさせて頂き、価値ある製品とサービスを提供します。

最高責任者である私は、お客様の要求事項に適合し、さらにお客様の満足度向上のため当社の品質マネジメントシステムを継続的に改善することを宣言します。

年度毎に顧客重視の品質目標を設定し、各部門の具体的活動を定め、全社展開いたします。
定期的な監査、全社品質会議、マネジメントレビュー、目標管理体制等を通して達成状況を把握し、効果的な運用見直しを行ないます。

品質方針は全従業員に周知させるため文書化し、掲示します。
また社内コミュニケーションの場を通して、その理解と意識向上に努めます。
この品質方針はお客様、社会の要求事項の変化を敏感に捉え適時見直しを行ないます。

  • 受託設計
  • smart power solution
  • CT CARD SERIES
  • TP2000
  • RACK MONITORING SYSTEM
  • TOKYO ELECTRON DEVICE

〒854-0065 長崎県諌早市津久葉町6-47
tel.0957-25-2001(代表)/ fax.0957-25-2045

〒854-0065 長崎県諌早市津久葉町6-47
tel.0957-25-2001 / fax.0957-25-2045

ページの先頭へ戻る