自社製品

PRODUCT

PCI Express アナログ回線 12回線

SFC1250HA
SFC1250HA
SFC1250HAは、アナログ12回線に対応したFAX通信カードです。FAX機能は、高速伝送が可能なV.34(SuperG3)FAXに対応しています。FAXの送受信をはじめ音声応答、回線制御を12回線同時に行うことが可能です。PCI Expressバスを採用し、ハーフサイズ化を実現。1台のPCには複数枚実装でき、多回線で大規模なFAXサーバを実現できます。 ホストインターフェースにはPCI Expressを採用しています。
       
SFC1250HAの DP認識対応版は品番SFC1260HA になります。

ボード構成

 
 
SFC1250HA  
 
SFC1250HAは、カード本体(SFC1250HA)と回線コネクタBOX(CBX-12HA)で構成されています。 コネクタBOXには、接続/状態確認用のLEDが付いており、接続や各種状態が一目で分かるようになっています。
  

特長・機能仕様

SFC1250HA FAX通信カード
  • ●PCI Express対応
  • PCI Express x1~x16スロットに装着可能で、PCI Expressでの高速転送が実現できます。※PCIバススロットには装着できません
  • ●Fコード対応
  • ナンバーディスプレイやダイヤルイン番号に加え、Fコードを利用した相手先を特定した転送や親展通信、中継同報通信が可能です。
  • ●標準テレフォニーバスH.100搭載
  • テレフォニーバスH.100バスを搭載し、カード間のスイッチング機能を利用したアプリケーションの構築が可能です。
  • ●スーパーG3(33.6kbps)に対応
  • ITU-T V.34勧告に準拠したスーパーG3対応ファクシミリとの通信においてG3FAXの約2倍の高速化を実現しました。
  • ●ソフトウェア開発パッケージ
  • CT System Builder CTカードを同じAPI環境でコントロールできるCT統合ソフトウェアです。
局線インターフェース 適用回線   加入電話回線(2線式)
ダイヤル方式   PB/DP-10/DP-20
接続回線数   12回線
極性反転
発信者番号通知
接続 ホストインターフェース   PCI Express Base Specification Rev1.0A
  PCI Express CEM Specification Rev1.1準拠
音声機能 方式 PCM(8bit/16bit)、μ-lawPCM
ダイアリング DTMFトーン   16桁 0~9、*、 #、 ABCD標準
トーン検出 DTMF   16桁 0~9、*、 #、 ABCD標準
パターン認識   DT、BT、RBT(3種類)
単一周波数 検出   FAX信号のCNG、CEDを検出可能
送出   400Hz~2100Hzまでの17種類で送出
適用規格 ITU-T勧告 T.4、T.30、V.34、V.17、V.29、V.27ter、V.21準拠
通信速度 33600/31200/28800/26400/24000/21600/19200/
16800/14400/12000/9600/7200/4800/2400bps [自動フォールバック可能]
接続相手 SuperG3/G3規格対応ファクシミリ機
画像サイズ A4、B4、A3[スケ-リング機能]
圧縮方式 MH、MR、MMR、JBIG
ECM機能 サポート
CTバス H.100
最大実装枚数 8枚/PC
外形寸法 SFC1250HA/167.7×111.2×18.7mm
CBX-12HA/225.0×140.0×35.0mm
ケーブル コネクタボックス ケーブル長:1.4m(CBX-12HA)
  • 受託設計
  • smart power solution
  • CT CARD SERIES
  • TP2000
  • RACK MONITORING SYSTEM
  • TOKYO ELECTRON DEVICE
ページの先頭へ戻る