自社製品

PRODUCT

PCI Express IP回線 8ch FAXカード

CTL-708TGF
CTL-708TGF
CTL-708TGFは、FAX over IP機能を持ち、IPネットワーク上でFAXプロトコルによるFAX通信ができるカードです。キャリアIP網にはNTT「ひかり電話オフィスA」に対応し、PCI Expressハーフサイズカードで最大8chをサポートしています。テレフォニーバスH.100により従来のカードと連携することで、幅広くIPに対応したCTシステムを構築することができます。 ホストインターフェースにはPCI Expressを採用しています。
       
※[ひかり電話オフィスA]は、NTT東日本/西日本の光IP電話サービスです。

構成図

CTL-708TGF
 

T.38規格のFAXプロトコルでFAX通信が可能
FAX通信にはT.38規格のFoIPプロトコルで相手IP-FAX機と画像データの送/受信を行います。呼制御手順にはSIP(RFC3261)プロトコルを採用しています。   

従来APIとの互換性を確保
CTシステムビルダーのFAX(API)は、従来からのAPIと互換性がありPSTNと共通のアプリケーションでIP-FAXシステムを構成できます。

サーバ応用例

CTL-708TGF

音声バス(H.100)にて本カードとG3FAXカードを組み合わせることで、T.38規格のIP-FAX機能と、みなしFAX通信によるG3FAX機能、両方の機能を持ったFAXサーバが実現できます。

※1相手IP-FAX(T.38)機との通信は事前の動作確認が必要です。

※IP網でみなしG3FAX通信をおこなう際には注意が必要です。

特長・機能仕様

CTL-708TGF FoIP/T.38 FAX通信カード
LANインターフェース ポート数   1
伝送速度   100Mbps(100BASE-TX)、10Mbps(10BASE-T)
コネクタ   RJ45
接続 ホストインターフェース   PCI Express Base Specification Rev1.0A
  PCI Express CEM Specification Rev1.1準拠
FoIP機能 プロトコル   TTC標準 JT-T38
接続相手   T.38対応ファクシミリ※1
画像サイズ   A4、B4、A3
圧縮方式   MH、MR、MMR、JBIG
ECM機能   サポート
VoIP機能 プロトコル   IETF RFC3261セッション開始プロトコル(SIP)
音声フォーマット   G.711
チャネル数   8ch
適用規格 ITU-T勧告 T.4、T.30、V.34、V.17、V.29、V.27ter、V.21準拠
音声機能 方式 PCM(8bit/16bit)、μ-lawPCM
トーン検出 DTMF   16桁 0~9、*、#、ABCD標準
パターン認識   DT、BT、RBT(3種類)
単一周波数 検出   FAX信号のCNG、CEDを検出可能
送出   400Hz~2100Hzまでの17種類で送出
CTバス H.100
カード外形寸法 167.7×111.2×18.7mm
  • 受託設計
  • smart power solution
  • CT CARD SERIES
  • TP2000
  • RACK MONITORING SYSTEM
  • TOKYO ELECTRON DEVICE
ページの先頭へ戻る