自社製品

PRODUCT

RMS-AI80 アナログ信号ユニット

RMS-AI80
RMS-AI80
計装信号として使われている4~20mAや1~5Vの直流信号の入力や様々なセンサ、検出器、メーター等から出力されるアナログ信号の閾値設定をしてWebアプリやSNMPマネージャから遠隔監視することができるユニットです。
RMS-AI80の種類
  • 電圧入力40チャンネルタイプ : RMS-AI80-V40P
  • 電圧入力80チャンネルタイプ : RMS-AI80-V80P
  • 電流入力40チャンネルタイプ : RMS-AI80-A40P
  • 電流入力80チャンネルタイプ : RMS-AI80-A80P
  • 閾値監視
    閾値を設定した機器の測定値を計装信号でWebアプリに送り、監視することができます。閾値超過し、注意値や異常値になった際には、警報機能で知らせます。
     
  • 異常発生時の通知機能
    閾値設定された各センサ信号に異常が発生した際、WebアプリやSNMPマネージャから、Eメール、SNMPトラップ、警告灯で警報します。

  • メール・レポート機能
    ・定期測定値、日報、週報、月報メールの送信が可能です。
    ・グルーピング名称が付加されたレポート内容を送信できます。
    ・各測定値(4~20mA等アナログ信号出力する各種センサ)については、最大、最小、平均をレポートします。
機能仕様
接続 仕様
アナログ入力部 最大測定電圧範囲 -11.569V ~ +11.569V
入力インピーダンス V40P/V80P  約1MΩ
A40P/A80P  約250Ω
チャネル数 A40P/V40P  40ch
A80P/V80P  80ch
分解能 16-bit
サンプル周期 最大100msec
誤差 ±0.1%FS 以内
動作周波数 DC ~ 1KHz
ネットワーク部 仕様 100/1000BASE-T(X)、Auto-MDI/MDIX
RS485 仕様 1ch/2port(ディージーチェイン)
終端抵抗 スイッチによるON/OFF切り替え
接続数 最大16デバイス
時計部 仕様 バッテリバックアップ、月差±60秒以内
外形 430(W)×220(D)×44(H)(mm) ※高さはゴム足を除く
重量 約2.9kg(付属品を除く)
動作電源 AC100V/AC200V
使用環境 温度 +5~+40℃ 湿度20~80%(結露なきこと)
消費電力 15W
環境対応 RoHS対応
  • 受託設計
  • smart power solution
  • クラウド型CTシステムでFAXサーバー等のシステム構築 CT Net/work BOX
  • IVR(自動音声応答システム)とは
  • 緊急時には電話を使用して呼び出しを行ないたい クラウド対応電話通報デバイスTP2000
  • データセンター、マシンルームのセキュリティ対策・現状監視にRACK MONITORING SYSTEM
  • Zabbixによるセンサー機器監視
  • TOKYO ELECTRON DEVICE
ページの先頭へ戻る