自社製品

PRODUCT

RMS-DIO80 接点監視ユニット

RMS-DIO80
RMS-DIO80
RMS-DIO80はWebアプリやSNMPマネージャによる接点入力信号を遠隔監視、対象機器へ接点出力信号を遠隔制御することができるユニットです。
RMS-DIO80の3モデル
  • 接点入力40チャンネルタイプ : RMS-DIO80-I40P
  • 接点入力80チャンネルタイプ : RMS-DIO80-I80P
  • 接点出力40チャンネルタイプ : RMS-DIO80-O40P
  • 接点出力80チャンネルタイプ : RMS-DIO80-O80P
  • 接点入力40・出力40チャンネルタイプ : RMS-DIO80-IO40P
  • 接点信号

    接点入力信号は、対象機器をWebアプリやSNMPマネージャを使用して遠隔監視することができます。接点出力信号は、対象機器に対してWebアプリやSNMPマネージャから指示を送ることができ、遠隔制御ができます。

  • 異常発生時の通知機能

    接点入力信号に変化が発生した際、Eメール、SNMPトラップ、警告灯で警報します。


  • 接点転送機能

    故障や異常などの接点信号をRMS-DIO80の接点入力ポートで受け、遠隔地のRMS-DIO80の接点出力信号に状態転送(最大8台)することができます。また、その接点信号の状態をWebブラウザやSNMPマネージャでモニタリングできます。

  • メール・レポート機能
    ・定期測定値、日報、週報、月報メールの送信が可能です。
    ・グルーピング名称が付加されたレポート内容を送信できます。
    ・接点入力及び出力の状態変化をレポートします。
機能仕様
接続 仕様
デジタル入力部 仕様 フォトカプラ絶縁入力
電源 内部電源仕様及び外部電源仕様
デジタル出力部 仕様 接点出力
電源 機器には内蔵しない
最小動作速度 約10ms
許容電圧、電流 AC125V 0.3AまたはDC30V 1A
ネットワーク部 仕様 100/1000BASE-T(X)、Auto-MDI/MDIX
RS485 仕様 1ch/2port(ディージーチェイン)
ターミネータ DIP SWによるON/OFF切り替え
接続数 最大16デバイス
時計部 仕様 バッテリバックアップ、月差±60秒以内
外形 430(W)×205(D)×44(H)(mm) ※高さはゴム足を除く
重量 約2.0kg(付属品を除く)
動作電源 AC100V/AC200V
使用環境 温度 +5~+40℃ 湿度20~80%(結露なきこと)
消費電力 30W
環境対応 RoHS対応
  • 受託設計
  • smart power solution
  • CT CARD SERIES
  • TP2000
  • RACK MONITORING SYSTEM
  • TOKYO ELECTRON DEVICE
ページの先頭へ戻る