製品情報

Rack Monitoring System

  • データセンター  大規模ラック電子錠システム(サーバ構成)

    大規模なラック電子錠システムでは、電子錠サーバソフトウェア/RMS-ELSSを導入します。これにより最大5000ラックの電子錠を統合管理できます。管理用PCからRMS-ELSSにログインし、フロアマップからのラック解錠、カードキーの登録が行えます。 サーバルームのカードリーダーにカードキーをあてると、電子錠サーバでカードIDが照合されて対象ラックを解錠します。

    • RMS-EL128
    • RMS-EL48R
    • RMS-EL30
    型式 ハンドル数 ラック数 電子錠
    ポート数
    ラックまでの
    信号線
    対応ハンドル スタンドアロン
    構成対応
    サーバ
    ソフトウェア
    RMS-EL128 256 128 子機(2ポート)
    を128台接続
    コネクタ付
    専用ケーブル
    サウスコ製 H3-EM-99
    ※FeliCaリーダー搭載タイプ
    - 他社製
    電子錠クラウ
    ドサービス
    RMS-EL48R
    RMS-EL24R
    RMS-EL12R
    96
    48
    24
    48
    24
    12
    48
    24
    12
    RJ45-RJ45
    LANケーブル
    タキゲン製造製 LE-469-LED,LE-500
    シブタニ製 EL-E210-1F
    サウスコ製 H3-EM-60
    日東工業製 AHシリーズ
    TED長崎製
    電子錠サーバ
    RMS-EL30 30 15 30 計装信号ケーブル
    (6芯、AWG24~20)
    タキゲン製造製 LE-469-LED,LE-500,
      LE-464-1
    シブタニ製 EL-E210-1F
    TED長崎製
    電子錠サーバ

    ※横スライドにてご確認いただけます。

    電子錠サーバ・ソフトウェア RMS-ELSS

    オンプレミス型クライアントサーバ・システムです。電子錠ユニット/RMS-EL48R、RMS-EL30を統合管理し、電子錠ラックの運用を効率化します。

    ラック制御:最大5000ラック対応
    遠隔解施錠:フロアマップのアイコン操作
    カードキー:最大30,000件登録可能
    ラック監視:扉開時間超過、こじ開け通知
    解施錠ログ:様々な条件によるログ抽出


    導入事例 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)様

    白井データセンターキャンパスの物理セキュリティ強化と、データセンター業務の省人化・効率化に活用。

    サーバルーム 中小規模ラック電子錠システム( スタンドアロン構成)

    電子錠ユニットに標準搭載の電子錠管理Webアプリケーションにより、サーバ機を導入することなく電子錠+カードキーによる 運用が可能です。管理用PC から電子錠ユニット・マスター機にログインし、全ラックの解錠・施錠が行えます。また、カード キーもマスター機に登録します。サーバルームのカードリーダーにカードキーをあてると、電子錠ユニット・マスター機でカード ID が照合されアクセス権のあるラックが解錠します。




    ラック扉開閉 遠隔監視システム

    接点監視ユニットのWeb UIにより最大80ラックの扉開閉をリアルタイム監視できます。また、扉開閉ログをSYSLOG へ出力でき、SYSLOG 監視ツールによる扉開閉監視が可能です。 ファシリティ管理ソフトウェアなどにはSNMP で連携します。


    • RMS-DIO80

      接点入力信号をWeb/SNMPで遠隔監視、接点出力信号をWeb/SNMPから遠隔操作するユニットです。

    物理セキュリティデバイス管理サービス『 RMS Physical Security Cloud 』

    『 RMS Physical Security Cloud 』は、監視カメラ・入退室管理システム・ラックセキュリティシステムなどの物理セキュリティ設備、各種センサ監視システムの稼働状態をチェックし、 アラートイベントのクラウドへの蓄積・閲覧、クラウドからのメール通知や遠隔管理を可能にします。LTE通信SIMによるM2Mモデルで簡単設置、スピーディな運用開始が可能です。

    【ローカルネットワークにおけるセンサ-監視カメラ連携システムの管理例】


    温度センサ、風量センサ、漏水センサ、扉センサで異常検知するとパトライトが点灯・ブザー鳴動し、VMSモニタでは該当エリアの監視カメラ映像がポップアップ表示されます。 M2M VPNゲートウェイ/ RMS-VG01は、これら監視カメラやRMSユニットのログを解析し、アラート検出するとその情報をLTE経由で通知、『 RMS Physical Security Cloud 』は このイベント検知を登録されたメーリングリストで配信します。




  • 受託設計
  • smart power solution
  • クラウド型CTシステムでFAXサーバー等のシステム構築 CT Net/work BOX
  • IVR(自動音声応答システム)とは
  • 緊急時には電話を使用して呼び出しを行ないたい クラウド対応電話通報デバイスTP2000
  • データセンター、マシンルームのセキュリティ対策・現状監視にRACK MONITORING SYSTEM
  • Zabbixによるセンサー機器監視
  • TOKYO ELECTRON DEVICE
ページの先頭へ戻る